アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「円盤玩具」のブログ記事

みんなの「円盤玩具」ブログ

タイトル 日 時
最近のブリキ円盤玩具
最近のブリキ円盤玩具 往年の増田屋や吉屋のブリキ電動円盤玩具をそのまま蘇ったようなフォルム!! 出来具合も安全性も備えて頑丈そう・・ なんとインド製ということです。 以前 日本製のビンテージ円盤玩具を紹介してきましたが、これは友人より情報を得たので掲載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/07 07:01
ブリキの円盤4
ブリキの円盤4 ゼンマイ式ブリキの円盤おもちゃ JUPITER号 60年代 フリクションで火花により窓が発光します。 パイロットの頭もブリキで小型ですが渋い出来です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/30 06:48
最小にして最強の円盤!
最小にして最強の円盤! ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/23 22:35
ニャロメの宇宙基地
ニャロメの宇宙基地 野村トーイの 宇宙円盤(宇宙ステーション)玩具 ブリキ製 電動・ミステリーアクション「ニャロメ 宇宙基地」だ! 昨日のケロヨンと同形のデザイン 単1電池2ケ 回転走行 宇宙音 そして 中央外周の窓から内部の様子(赤塚キャラクター)乗組員たちが 走馬灯のように映し出されます! 漫画連載が67年から70年だから まさに60年代後期のブリキ玩具。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/02/23 08:14
ケロヨンの宇宙基地
ケロヨンの宇宙基地 昨日に続く ケロヨン第2弾! こちらは野村トーイの宇宙円盤(というより宇宙ステーション)だ! ハリマオ先生収集の宇宙円盤玩具は微妙にUFOと宇宙探索円盤限定で宇宙ステーションを 除外していましたが、野村トーイの円盤おもちゃのメインはこの宇宙基地スタイルだ! 特にキャラクター物の得意な60年代野村トーイはマニア垂涎のブリキ玩具が多い。 単一電池2本で回転走行(ミステリーアクションノンストップ)そして光を放つ! あらゆる円盤玩具のおもしろギミックが搭載されて 楽しさ満点の円盤玩具! ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/22 08:31
ケロヨンのムーンソーサー
ケロヨンのムーンソーサー ツクダのブリキ円盤おもちゃ 「ケロヨンのムーンソーサー」 フリクション式 なかなか渋いキャラクター玩具! ケロヨンのあの声を覚えていますか? 66年〜70年放映の「木馬座アワー」に登場! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/21 08:55
X-15は正義の円盤
X-15は正義の円盤 マスダヤの宇宙円盤 X-15は 「宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン」だ! ということで このブリキ円盤おもちゃは 70年代初期のものだとわかります。 何しろ パイロットは「スペクトルマン」なのだから最強です。 電池でもゼンマイでもなく フリクション(はずみ車)というシンプルさです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/20 08:06
グレンダイザーの円盤
グレンダイザーの円盤 70年代半ばといえば テレビのアニメ ロボットなどが主役です。 おもちゃ会社もテレビとタイアップして人気商品を販売します。 マジンガーZやグレートマジンガーのあと UFOの戦いをモチーフで 永井豪の「グレンダイザー」のスペースローター(ミステリー円盤)が ポピーから販売されました。 歩行ブリキ人形も人気でした。 やはりデザインにあのマスダヤの宇宙円盤シリーズのカラー点滅仕様です! ブリキ円盤の魅力のパターンです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/19 08:00
新・空飛ぶ円盤(KO)
新・空飛ぶ円盤(KO) 60年代を代表する宇宙円盤のおもちゃ マスダヤと双璧をなす吉屋の玩具 いわゆるKOマークの輸出用フライングソーサー  バッテリーオペレイテッド(電池式) NEW FLYING SAUCER with SPACE PILOT そうです 新型の宇宙パイロット付空飛ぶ円盤 NASAタイプなのです! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/18 08:44
KO(吉屋)の宇宙円盤といえば
KO(吉屋)の宇宙円盤といえば 昭和30年代のブリキの宇宙円盤 空飛ぶ円盤のおもちゃといえば このFLYING SAUCER with SPACE PILOT 白いブリキ 赤いブリキの円盤おもちゃ 電池でミステリーアクション! そして スペースサウンドにアンテナがくるくる回る! KOの円盤 初期型基本形だ! ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/17 21:21
KOとクラグスタン(スモーク円盤)
KOとクラグスタン(スモーク円盤) 昔のブリキ玩具やミニカーを集めている人はご存知のCRAGSTANというアメリカの 玩具会社(メーカーではなく世界へ販売代理店か貿易会社なのか?)。 有名なところでは米澤玩具のアトミックロボットもヨネザワ&クラグスタンとして認識。 さてこのKO(吉屋)の宇宙円盤"FLYING SAUCER"もクラグスタンである。 箱の左端にその輝くマークがついています。 このクラグスタン フライング ソーサー(空飛ぶ円盤)はコレクターの間では スモークと呼ばれている マニア垂涎の定番スペース玩具で... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/17 08:12
スカイパトロール後期(KO)
スカイパトロール後期(KO) 吉屋(KO)の宇宙円盤シリーズでブリキのSKY PATROLはマイナーチェンジがありました。 時代的にブリキのパイロットがソフビになったり、タイヤがゴムからプラスチックにと よくあるチェンジでなく なんと 前部カラフルギヤー(歯車)の数量減らし! 操縦桿の削除! これはチェンジというより諸般の事情ゆえ云々とういパターンだ! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/16 08:02
スカイパトロール(KO)
スカイパトロール(KO) KOというのは玩具メーカー吉屋のトレードマーク 菱形の中にKOと入っています。 まさに 昭和30年代 1950年代後期から60年代初期にかけて宇宙玩具にすばらしい 製品がありました。 SFやスペース物コレクターにとっても超マークのメーカーです。 この輸出用 空飛ぶ円盤「スカイパトロール」もまさに昭和30年代の宇宙円盤おもちゃだ! 色は白 青 赤のKO独特の原色パターン まさにKOのブリキ円盤はこれだ! 単3電池2ケで ミステリーアクション 後部エンジンボックスからライト点滅 もち... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/15 06:52
X-081はスペースパトローラー(KO)
X-081はスペースパトローラー(KO) KOマークの吉屋の後期の作品  X-081 SPACE PATROLER は 無人ドーム型 回転シリーズで やはり輸出用 海外コレクターには箱のタイトル KING FLYING SAUCER でおなじみの 比較的入手しやすいアイテムである。 KOの宇宙円盤は初期のシンプルな赤 白 青のカラーリングのオールブリキ パイロットもブリキの ロボットマニアが副産物としてもコレクションするスペース 物の人気アイテムだが、このキング円盤は マスダヤのパターンを吸収しかつ 楽しさのギミッ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/14 08:40
077はジュピター円盤(KO)
077はジュピター円盤(KO) 菱形の中にKOとある玩具メーカーそう吉屋です。  宇宙物(ロボットやスペース銃)マニアやコレクターには 垂涎のおもちゃの数々 独特のブリキデザインで欲しい物だらけです。 もちろん自動車やその他の玩具もありましたが、なんといってもスパーキーやプラネットと 呼ばれるロボットはもう昭和30年代そのものの集約という感じです! しかしブリキ玩具からプラスチック玩具に移行してからはその玩具にデザインの変化が顕著に見られました。 1950年代から60年代初期にはオールブリキの宇宙円盤が有名です... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/13 08:36
X-3も大型円盤だ!
X-3も大型円盤だ! マスダヤの大型円盤は昨日掲載のX-8がありました。 まだSTマークのないまさに60年代の製品です。 70年代に入ると同じパターン大きさの X-3というのが登場します! STマークあれどブリキのすばらしい円盤です。 SPACE EXPLORER SHIP X-3 というネーミングで 当然輸出主体です。 当時 70年代にはいっていても日本でこのような大きなおもちゃをフロアー一面使用して 遊べる家庭環境のお子様なんて次元が違い、まずクラスに一人二人いた社長さんの御曹司だったんでしょうね... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/12 08:06
X-8は大型の円盤だ
X-8は大型の円盤だ マスダヤの宇宙円盤はX-7やX-5のような一般普通サイズが主流ですが、それよりもはるかに大きなサイズの大型宇宙円盤がありました! (サイズのディテールは後日) その名もX-8 X-8 SPACE EXPLORER SHIP 大迫力大会です! 赤 黄 青 緑のランプが点滅 ビープー音も嬉しい そしてノンストップアクション 単1電池3ケだ さすがに! ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/11 09:10
X-07は監視偵察隊!
X-07は監視偵察隊! マスダヤの60年代 電動宇宙円盤の中には 少し形がちがったものがありました。 このX-07 SURVEILLANT がまさしく 変形円盤です。 サーベイラントとあるからには 監視用 あるいは偵察用なのか おもちゃのネーミングを 超えています!  もちろん ノンストップアクションのライトちかちか 嬉しい楽しい動きをみせてくれます。 パイロットの肩までオールブリキ(顔はソフビ) 腕も動きます この形の円盤おもちゃには 他にX-09のSPACE SURVEYというのがありました。 ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/10 08:25
X-107は円盤型宇宙船だ
X-107は円盤型宇宙船だ マスダヤの宇宙玩具はいっぱいいっぱい種類があり、夢もあります。 円盤型の電動玩具も空飛ぶ円盤から探索宇宙船までいろいろな形があります。 このX-107は 宇宙ステーションと人口衛星を兼ね備えたといっても過言でない、 魅力あふれる宇宙円盤です。 その名も サテライト X-107  通常 フライングソーサーとかスペースエクスプローラーというネーミングに対して サテライト(SATELITE)と名づけられるには意味があるはずです。 この形としてよく似ているのはスペースパトロールのX−... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/09 08:10
ブリキの宇宙円盤(ヨネザワ)
ブリキの宇宙円盤(ヨネザワ) 60年代はヨネザワも宇宙円盤の玩具がいっぱいありました。 バッテリーオペレイテッドのフライングソーサー そう電動”空飛ぶ円盤”  部品に少しプラスチックが使用され60年代後期 STマーク(安全玩具)以前の なかなか渋いスタイルです! スペースパトロール2019とあるのは 未来想定でしょう! 後部ローターは何のため 他社の円盤とはここがちがうぞ! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/08 18:26
ブリキの宇宙円盤(イチコー)
ブリキの宇宙円盤(イチコー) イチコーという玩具メーカーは自動車や電車など乗り物玩具で有名です。 現在でも金属玩具(ブリキとは違う)で新幹線などのおもちゃを製作しているはずです。 おもちゃコレクターにとっても昔のイチコーのブリキ自動車なんか垂涎です。 そんなイチコーの60年代の夢の玩具 「空飛ぶ円盤」 「宇宙円盤」の玩具 よく知られているマスダヤの円盤とよく似ていますが、いろいろ楽しいデコレーションが ついています。 SPACE EXPLORERという名前は 宇宙探索機として冒険・探検・開拓 もちろん舞台... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/08 08:27
超合金のUFO 3
超合金のUFO 3 中嶋製作所 ウルトラ合金 UFOシリーズ第3弾 UFO3号 攻撃用(アダムスキー型) 登場!! 残念ながら 部品が見つからず・・・・ ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/07 08:17
超合金のUFO 2
超合金のUFO 2 あのキャラクター玩具で有名な中嶋製作所のウルトラ合金! UFOシリーズのNo.2 UFO2号だ! 宇宙の騎士テッカマンの時代だから・・・1975年か! 70年代中期にこのようなUFOや円盤モデルが流行しました。 ちなみに UFO1号は母船の葉巻型でした。 UFO2号がこの画像の偵察用ドーム型です。 UFO3号が攻撃用 そう アダムスキー型です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/06 21:34
超合金のUFO
超合金のUFO 70年代の中頃は もう超合金という新しいスタイルの玩具が流行りました。 ロボットだけでなく 未確認飛行物体いわゆる(UFO)です。 各社から その材料の名称がいろいろありましたが、タカトクという玩具メーカーは その名も Zキャラクターシリーズ (Z合金) このアダムスキー型のリアルなモデルはUFO X-1 。 1975年あたりは ウルトラマンレオやアクマイザー3 タイムボカンの全盛期か? ハリマオ先生としては UFOよりも 地球人の乗る円盤型探索機がすきなんだけれど どちらも「... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/06 08:23
プラ円盤(フリクション)
プラ円盤(フリクション) 60年代には野村トーイはブリキの素敵な宇宙円盤を発売していました。 鉄人28号の円盤なんかも抜群にすばらしいものでした。 70年代に入り 素材が変り安全性も求められて、アダムスキー型のUFOをリアルに コンパクトに表現されています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/05 08:17
プラ宇宙円盤
プラ宇宙円盤 もう80年代にはいってからだろうか? 日本製のおもちゃで 完全にプラスチック製  しかし伝統のドーム内回転 ミステリーアクションは受け継いでいる。 単2電池2本 箱を紛失ゆえ 詳細は忘却のかなた・・・・ このデザインを見て東南アジアの凧を連想するのは私だけ? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/04 16:39
宇宙円盤か水中円盤か?
宇宙円盤か水中円盤か? 学研 水上回転円盤 その名も「マリンスパイダー」 単3乾電池2ヶ   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/04 14:49
プラ製円盤(NASA)
プラ製円盤(NASA) 70年代後期から80年代・・・? 完全にプラスチック製の円盤おもちゃ 単三電池2ヶ ミステリーアクション (香港製) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/04 07:44
円盤型 RANGER
円盤型 RANGER 多分軌道の上をモノレールの様に走る近代玩具! ブリキとプラスチック 単3電池2ヶ  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/03 07:32
ブリキの小円盤
ブリキの小円盤 宇宙玩具というには少し・・・・ ブリキというより殆どプラスチックの昭和最後まで販売?されていたという感じ! 駄玩具の空飛ぶ円盤は ドーム内はもうルーレットの世界 フリクションで同時に回転というギミックも備えた嬉しい円盤おもちゃ 3色でデザインは同じでも色ちがい。 やはり輸出主体に作られた駄玩具です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/02 07:42
X05はUFOだ
X05はUFOだ マスダヤの70年代 宇宙円盤はUFOという名前で活躍します。 UFO-XO 5 X-7やX-5より少し小型の円盤おもちゃ。 電池も単2を2ヶ使用  X-7のようにドームの外側にカラーランプですが形も楕円形です。 パイロットは宇宙人でしょうか 謎の円盤という感じです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/01 21:23
ブリキの円盤 3
ブリキの円盤 3 ブリキの円盤 昭和30年代のフリクション式円盤おもちゃ 宇宙円盤ですが、当然輸出向け その名もFLYING SAUCER 8 まさに「空飛ぶ円盤」である。 メーカーは”HAJI” もちろん日本製である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/01 08:31
ブリキの円盤 2
ブリキの円盤 2 昭和30年代のおもちゃはブリキ製が主体です! 宇宙円盤の玩具もたくさんありましたが、電池やゼンマイでなくフリクションとよばれる 「はずみ車」 今となっては貴重な玩具であるが、当時の子供としては物足りない物だったはずです。 かなり幼い子供(男の子)に与えられていたんでしょうね (marubishi)というメーカーは調査中。 NASAのロゴ入りの FLYING SAUCER 7 とあります! ドーム内のパイロットもブリキ製で渋いです! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/31 09:12
ブリキの円盤1
ブリキの円盤1 KOマーク(吉屋)の ブリキの空飛ぶ円盤おもちゃ Z-26 パイロットもブリキ製で 昭和30年代の典型的なスペース玩具 フリクション(はずみ車)方式で後部から火花がスパーク! これはKOのロボットや宇宙銃でおなじみ これこそ昭和30年代! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/30 09:20
X-5も空飛ぶ円盤 6
X-5も空飛ぶ円盤 6 宇宙飛行が実現して、現実に宇宙船やロケットがテレビやニュースで日常茶飯事に なっている頃、SFチックや夢物語りの玩具と平行して、リアルにありそうなおもちゃも たくさん作られました。 NASAなんてロゴがはいると実際アメリカのスペースシップや ロケットだと わくわくどきどきです。 「スペースレインジャー5」  X-5とは全く明記してありませんが、カラー回転ランプの配置(ドーム内) 全体の形状デザイン 完全にX-5の範疇です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/29 08:08
X-5も空飛ぶ円盤 5
これも海外で飛行中のX-5です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/28 17:28
X-5も空飛ぶ円盤 4
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/28 17:22
X-5も空飛ぶ円盤 3
X-5も空飛ぶ円盤 3 応急手当の日本発売版から本格国内版の箱に変りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/28 12:33
X-5も空飛ぶ円盤 2
X-5も空飛ぶ円盤 2 箱の文字に日本語が入りました。 国内販売用の箱ですが、海外向けをそのまま使用。 タイトルのところを日本語に刷り替えたものです。 SPACE SHIP X-5がX-5 円盤になりました。 電動(単一電池2本) ノンストップ アクション 宇宙音入り ライト点滅 3〜5才用  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/28 07:43
X-5も空飛ぶ円盤 1
X-5も空飛ぶ円盤 1 世はまさに円盤ブーム 空飛ぶ円盤に宇宙円盤! X-7だけが円盤おもちゃじゃない!とお嘆きの貴兄に この X-5はどうでしょう! X-7の正統派ライバルX-5 マスダヤファンでなくともおもちゃ好きの皆様にはちがいがわかりますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/27 14:00
X-7は空飛ぶ円盤 10
X-7は空飛ぶ円盤 10 ディズニーキャラクターズ 『宇宙円盤』  マスダヤ(MASUDAYA)の電動安全玩具 単一電池2本使用。 X-7という言葉(名前)はもうありませんが、形状、メカギミック シグナルライトなどなど完全にX-7です。 宇宙パイロットはミッキーマウス ボディーのデザインにドナルドダックも描かれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/26 08:52
X-7は空飛ぶ円盤 9
X-7は空飛ぶ円盤 9 80年代も後期(1988年発売)になってくるとまたまた衣替えがあったようです! 遂にその名も銀河円盤X-7 マスダヤのハイメカシリーズは堅実に続行しています。 そしてX-7という名も残っています。 宇宙円盤から銀河円盤に改名したのはなにかわけでもあるのでしょうか? 時代がそうさせたのでしょうか? 子供の夢 それがほとんど実現に近くなってきています。 21世紀もそんなに遠くない宇宙開発時代には もうどこかにはこんな一人乗りの 宇宙探検探索小型飛行円盤がありそうでした! ハリマオ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/25 09:09
X-7は空飛ぶ円盤 8
X-7は空飛ぶ円盤 8 80年代にはいるとさらに箱のデザインもかわります! マスダヤのハイメカシリーズのヒット商品は健在です。 世の中に昔風のブリキ玩具など見かけなくなっても このマスダヤの円盤と堀川の 火星大王はその情緒風情を残して おもちゃコレクターも気にはかけていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/24 09:05
X-7は空飛ぶ円盤 7
X-7は空飛ぶ円盤 7 こんな色のX-7で くつろいでください! 日本では考えられない配色です! 80年代に香港(返還前)で買い求めた韓国製です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/23 08:05
X-7は空飛ぶ円盤 6
X-7は空飛ぶ円盤 6 マスダヤの 電動玩具 「X-7宇宙円盤」は70年代の代表おもちゃといって過言ではありません! 輸出に力の入っていた60年代の箱から国内向けにパッケージデザインをチェンジ! しかも 浸透していたUFOもとりいれ ”ユーホー” マスダヤハイメカシリーズのトップクラスとして継続してゆきます。 (デコちゃんポッポやロボットなどミステリーアクションとよばれるノンストップ物) 一味格上の動きが加味された3歳から15歳までの??お子様向けです! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/22 08:15
X-7は空飛ぶ円盤 5
X-7は空飛ぶ円盤 5 先程の 箱の中身はこの新バージョンを納品するためのデザインです。 70年代初期の遂にセパレーション型X-7登場です! ドームも高くなり、操縦席にレーダーアンテナが設置されます。 このグリーンとブルータイプはどちらが先に出回ったのかわかりませんが、海外向け 輸出用なのでオール英文字使用です。 バッテリーもDタイプ使用となっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/21 14:22
X-7は空飛ぶ円盤 4
X-7は空飛ぶ円盤 4 1970年代にはいると おもちゃは安全を第一に製作するよう義務付けられました。 その最たるのがSTマークです(1971年より?) 同じデザインの箱にそのままSTマークを入れたり、新しいスタイルになったりしました。 おもちゃも ブリキからプラスチックなどが多用されてきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/21 09:00
X-7は空飛ぶ円盤 3
X-7は空飛ぶ円盤 3 マスダヤ(増田屋斉藤貿易) モダントーイズの X-7「宇宙円盤」おもちゃ! 60年代後期のバージョンですが、未だにSTマークのない コレクター好みの アイテムです。 全体ブリキで箱絵も渋く アンティークトーイ ぎりぎりの玩具か? ドームのプラは仕方ないですが、パイロットの頭はソフビ(No.2ですでに替わっています) 裏の動力輪はゴムですが、前輪はプラになっています。 ブリキおもちゃコレクターにとっては微妙なラインですが、SFや宇宙物マニアには 涙ちょちょぎれ 渋い電動ブリキ玩具の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/20 21:56
X-7は空飛ぶ円盤 2
X-7は空飛ぶ円盤 2 マスダヤ( 増田屋コーポレーション)の宇宙円盤おもちゃ X-7は 1960年発売以降 ロングセラーを続けます。 もちろん国内以上に海外輸出おもちゃの花形でした。 60年代中ごろではまだUFOという言葉も日本ではまだなく、あくまでも未来の 宇宙探検やパトロール用の円盤型小型飛行船でした。 そして増田屋は50年代から ラジコンバスやソニコンといったハイテクニックや ハイメカとよぶ電動マジックギミックを駆使していました。 カラーのシグナルが円盤の外部に回転し 突き当たると方向転換をす... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/20 08:15
X-7は空飛ぶ円盤 1
X-7は空飛ぶ円盤 1 マスダヤ(増田屋)の電動玩具 X-7 SPACE EXPLORER SHIP バッテリー式(単1x2) ノンストップ走法の楽しいメカニックトーイである! 決してUFO(未確認飛行物体)でなく 未来の人間(地球人)が宇宙へ進出すための 飛行体なのである。 宇宙探検船なのである。 マスダヤの歴史によると1960年にこの玩具が大ヒットして今日(昭和)までのロングセラー 商品であるとしています。 堀川ロボットの「火星大王」と並んでマスダヤの「X-7円盤」はブリキ玩具コレクターにとっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/19 22:26

トップへ | みんなの「円盤玩具」ブログ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽 へ にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 外国語ブログ インドネシア語へ
にほんブログ村
ハリマオ先生の資料室 円盤玩具のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる