福笑い(月光仮面)

画像

「月光仮面」の福笑い
平成の世の中 いかに楽しい幸せなお正月を迎えても
『福笑い』で遊ぶなんていう人はいないでしょう・・・・
というより昭和40年代のどこかあたりで絶滅危惧だったのでしょうか?
当然 古代?の日本での上流貴族達の華麗なお遊び、『お多福』の
福笑いで
楽しんでいたことが彷彿されます。
戦後も おちついてくると 外ではたこあげ コマ回し
室内では すごろくやかるた・百人一首と並んで「福笑い」・・・・
テレビ創世記の人気者『月光仮面』が福笑いのキャラクタにーなるのは
当然のことでした。

福笑いとは!
紙製玩具(がんぐ)の一種。お福面(おかめ)の顔の輪郭だけを描いた紙と、別に眉(まゆ)、目、鼻、口などを切り抜いた紙片とが組合せになっている。遊び方は、手拭(てぬぐい)などで目隠しした者が、この目、鼻などをお福面の紙の上に並べていくが、できあがりが笑いたくなる滑稽(こっけい)な顔だちになる点におもしろさがある。江戸中期ごろから流行し始めたものらしく、明治以降も第二次世界大戦前までは正月の室内遊びとして盛んに行われた。
(ヤフー百科辞典より引用)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック