インドネシア語でセンザンコウ

画像

先日 センザンコウのニュースがありました。
密輸や乱獲のニュースは辛いです。
絶滅危惧にある珍獣でも知られています。
まず 「せんざんこう」という動物ですが、漢字では
穿山甲と書きます。
アジアでは古くから漢方薬としても使用されていたそうです。
英語ではPANGOLIN

簡単な説明では
有鱗目の哺乳類の総称。歯がなく、細長い舌で、アリを捕食する。体の表面に堅い松かさ状の鱗(うろこ)があり、敵に襲われるとボールのように丸くなる。前後肢とも指は五本で、前肢の爪は大きい。アジア・アフリカに分布。


インドネシア語でTRENGGILING BIASA
通常TRENGGILINGといいます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ジャカルタに行ってきました 2/9~言語はあるが文字がない

    Excerpt: 買い物は、桁がでかすぎてまだついていけない。コンビニチェックしたら北京より物価高いな。水が70円くらいするのもある。2100ルピアの水もあったが。タバコは赤マルで13500ルピア。中国に続いて二カ国連.. Weblog: 投資一族のブログ racked: 2012-09-06 21:10