わが愛しのKAMUS③

画像


インドネシア語小辞典
大学書林
朝倉純孝 編
DAIGAKUSYORIN
KAMUS BAHASA
INDONESIA-DJEPANG
DJEPANG-INDONESIA

ある年齢以上の インドネシア語学習者およびマレーシア・インドネシア
駐在者にはおなじみの辞書である。
旧綴りの年代物であるが、新綴りになった昭和の後期にも大活躍!
なにしろ小型で手軽しかし語彙の凄さ・・・・
でも 使ってるうちに違和感が生じてくるけれども離せない
愛着辞書であります!
朝倉純孝という人はオランダ語の超権威 知る人ぞ知る草分けの方で
当然その国による支配下にあった南方の島嶼の言語研究もされていました。
もちろんマレー・インドネシア(東印度や馬来・・・・)の言葉の第一人者でした。
この辞書も オランダ語ーインドネシア語の辞書からの翻訳版のような
ものだということも有名です。
それゆえに 誤解訳も少々あるのだが、学習者が訂正・確認・書き込みなど
カスタマイズして 重みを増すことに喜びが加味される小型便利辞書です。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック