むっつり右門(大友柳太朗)

画像

画像

画像


大友柳太朗の映画がおもしろい!!

もちろん嵐寛寿郎の十八番シリーズを見事にバトンタッチ!!
『右門捕物帖 南蛮鮫』は、1961年(昭和36年)1月15日公開の日本映画である。
東映製作・配給。監督は沢島忠。カラー、東映スコープ、87分。
大友柳太朗主演の『右門捕物帖』シリーズの第3作
配役
むっつり右門:大友柳太朗
おしゃべり伝八:堺駿二
あばたの敬四郎:進藤英太郎
ちょんぎれ松:喜味こいし
松平伊豆守:山形勲
千鶴:大川恵子
お花:丘さとみ
妙姫:松島トモ子
他に 夢路いとし・山城新伍・杉狂児・大川橋蔵

とにかく東映の時代劇はお馴染みの俳優陣!!
山形勲がいい人役というのが興味深い???

大友柳太朗主演 右門捕り物帖 完全リスト チェック表
□右門捕物帖 片目の狼(1959年、東映、監督:沢島忠)
□右門捕物帖 地獄の風車(1960年、東映、監督:沢島忠)
□右門捕物帖 南蛮鮫(1961年、東映、監督:小沢茂弘)
□右門捕物帖 まぼろし燈籠の女(1961年、東映、監督:工藤栄一)
□右門捕物帖 卍蜘蛛(1962年、東映、監督:河野寿一)
□右門捕物帖 紅蜥蜴(1962年、東映、監督:松田定次)
□右門捕物帖 蛇の目傘の女(1963年、東映、監督:河野寿一)

大友柳太朗の丹下左膳

画像

画像


先日観た丹下左膳は大友柳太朗!!

大友柳太朗の丹下左膳ファンは多い!!
丹下左膳といえば大河内ではあるが、それを
現役で観ていた人は????
僕たちが知っている丹下左膳はもちろんこの人
「大友柳太朗」だ!!
シリーズで最初は松島トモ子がチョビ安だったが、
この作品はあの目方誠(そうご存知美樹さん)

1961年の東映作品
丹下左膳 …… 大友柳太朗
柳生源三郎…… 大川橋蔵
蒲生泰軒 …… 大河内伝次郎
柳生対馬守…… 山形勳
大岡越前守…… 黒川弥太郎
萩乃    …… 丘さとみ
お光    …… 桜町弘子
櫛巻お藤 …… 長谷川裕見子
鼓の与吉 …… 多々良純
チョビ安  …… 目方誠
本田淡路守…… 柳永二郎
別所信濃守…… 平幹二朗
峰丹波   …… 戸上城太郎

大友丹下左膳リスト チェック表

□丹下左膳(1958年、東映、松田定次監督)
□丹下左膳 怒涛篇(1959年、東映)
□丹下左膳 妖刀濡れ燕(1960年、東映)
□丹下左膳 濡れ燕一刀流(1961年、東映)
□丹下左膳 乾雲坤竜の巻(1962年、東映)

大阪にも「あいすまんじゅう」

画像


いつもの食品スーパーで買うのは丸永製菓の
「あいすまんじゅう」だ!
アイス饅頭には本当にいくつも種類や同じ綴り
一体どうなってるのか知らないけれど
違うメーカーでも「あいすまんじゅう」と平仮名のも多い
さて 先日近所に新しい大型ドラッグストアが開店して
薬や雑貨の他食品やアイスクリームが豊富に並んでいた。
そこでさっそく見つけたのがこの大阪の「センタン」の
あいすまんじゅうだ!
安くてたくさん入っていたので速攻買い!!(^^)/

紫陽花ウォーキング2

よくFB友だちが記事にしている、山々の木々や樹木 そして庭の草花
野に咲く名も知らぬ花 などなど
みんな自然を愛する優しい人たちなんだなあ~と感心しています。
そんな皆様に追い付けとばかりに恥ずかしながら紫陽花探訪までの
途中で出会った野草や名も知らぬ植物・・・・・

画像

画像

画像

画像

画像

紫陽花ウォーキング1

紫陽花を見て楽しむ季節のはずだ!
しかし大阪は梅雨入りしたのかしてないのか?
「紫陽花」といえば 道の駅「しらとりの郷」へ行こう!
まずは 知る人ぞ知る「鶏鳥塚古墳」から出発だ!
後ろを振り返ると あのパサールラヤ「インドネシア語教室」
が見えるはずだ。
遥か向こうにそびえるは「二上山」
あの丘越えれば 紫陽花に会える・・・
なんとも神秘的な池 ここに白鳥が浮かんでいたらロマンでポエムなのに。


画像

画像

画像

画像

画像

画像

朋有り遠方より来たる、亦た楽しからずや

画像


映画「嵐電」を観て 京福電鉄嵐山線特に帷子ノ辻を懐かしむ
記事をフェイスブックに掲載しました。
「過去何度も書いたこの嵐山のブログ記事を昨年掲載したわけだが、
偶然にも先日観た映画「嵐電」のなかにもこの嵐山 渡月橋の畔が
主人公のデイトの場所になっていた・・・・
そして 昨日 なんとこの近辺嵯峨小倉山に以前住んでいた、懐かしい
友人が遥々 羽曳野まで訪ねてくれて 昔話にはずんだわけである!
今年は キーワードが嵐山 渡月橋 嵐電なのかもしれない!
そうです 京都なのです。」

本当に30年以上会ってない近所で中学高校の友人(その後麻雀で何度も
会っているのに・・・・)30年以上経過してしまった・・・・
お互い VANの金属コームを使用できない一身上の都合を兼ね備えて
いたが、あいかわらず BDシャツをビシッと決めていた彼は堅い職業に
ついていました。 クラシックや洋楽を好む彼も 小生のB級な青春歌謡にも
話を合わせる広範囲の趣味だ!
話せば尽きない思い出話も 本の一部しか出来ず時間が無残にも引き裂きました。
彼が最後に 語った名曲(やや歌謡曲・・・)のベスト5をここに記しておきます。
各曲のコメントはまた後日。

1位 「ブルーナイト・イン札幌」  箱崎晋一朗
2位 「ナナ」  克美しげる
3位 「雪化粧」  テレサ・テン
4位 「愛のくらし」  加藤登紀子
5位 「約束」   雪村いずみ

どうです 渋ごのみですね(^^)/
もちろん オイオイ 藤正樹やKとブルンネンがはいってないぞとクレームしましたが・・・・

お昼のラーメンは鯖醤油

画像


昨日 映画「嵐電」は梅田のテアトル梅田という映画館でした。
久しぶり 本当に長らくご無沙汰の梅田です。
以前より気になっていた サバ6製麺所という ラーメン店が近くにあるので
そこで うわさの サバ醤油ソバを食べた。(阪急梅田店)
説明によるとスープは鶏ガラベースのスープに 甘味のある醤油ベースのタレとサバ節を加えた、 甘味の中にもサバ節がもたらす魚介の風味漂う味わいで、 そのスープに自家製麺がよく絡んだ一杯です。とあります。

画像

帰りは阿倍野からの近鉄なので 当然のように551の蓬莱で
シューマイを買って帰る!
なんと この持ち帰り袋のデザインまで G20大阪サミットによる
大阪府警の警備強化応援仕様になっています。

映画「嵐電」

画像


50年前にタイムスリップしてきました!

大阪は梅田 テアトル梅田で公開中の映画「嵐電」を
観てきました!
監督:鈴木卓爾 音楽:あがた森魚
主演:井浦新 大西礼芳
物語の筋や内容解説は控えますが、
とにかく 嵐電すなわち京福電鉄・嵐山線
この電車は小生にとっても忘れられない密着型想い出の電車なのだ。
しかも メインで登場の「帷子ノ辻」駅は小生の中学の下車駅
高校の乗換駅 嵯峨から嵯峨野へ引っ越しした時の通勤出発駅。
東映撮影所は学生時代に何年もエキストラで通ったところ
登場する各駅も知っているところばかり!
ましてや 主要人物の通う高校が同じS高校ときています。
映画にも登場しています! これはくいいるように鑑賞しました!

トラッドなブラシ(REGAL)

画像

トラッドなブラシ リーガル編
もう悩むことはないさ~♪
リーガルだから安心して「靴ブラシ」と断定できるんだ(^^)
こんな素敵なノベルティー(おまけ)を本当に貰えた人は幸せ!
金属プレートに刻印された輝くリーガルシューズのロゴ
これを使用する勇気のある人がはたしているのか?
真の勇者よ さあ 今こそ名乗り上げよ!!