テーマ:アイビー専科

トラッドなブラシ(REGAL)

トラッドなブラシ リーガル編 もう悩むことはないさ~♪ リーガルだから安心して「靴ブラシ」と断定できるんだ(^^) こんな素敵なノベルティー(おまけ)を本当に貰えた人は幸せ! 金属プレートに刻印された輝くリーガルシューズのロゴ これを使用する勇気のある人がはたしているのか? 真の勇者よ さあ 今こそ名乗り上げよ!!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつ どこで なにを着る?

読書の秋シリーズ アイビー&トラッドファンにはおなじみの聖書的書物でしたね 「いつ どこで なにを着る?(男のTPO事典)」 著者:石津謙介 発行所:婦人画報社 1965年11月25日 初版発行
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

付録のトランプ(ボーイズライフ)

雑誌「ボーイズライフ」 1969年 新年号の付録です。 年に1~2度 小冊子の付録・・・車・オートバイ・SFなど があったのですが、 このトランプの付録には大感激でした!! ボーイズライフのロゴマークが懐かしいでしょう? でも このハリマオ先生の資料室の1部のマニアにはもっと気になるものがありますね(^^) 任天堂 ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メモホルダー(VAN)

VANのメモパッド ペン立て付きホルダーです。 メタルプレートには 「動物園から逃げ出した動物たち」シリーズのおもしろい イラストが描かれています。 雑誌「ボーイズライフ」1968年7月号に掲載されたVAN BROTHERS広告のキャッチ・コピーは「動物園から逃げだした動物たち。」です。 おもしろく楽しい「カバ」「モグラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイビーなリボンベルト

アイビーベルトとかリボンベルトという名で、 アイビーやトラッドファンにはおなじみのベルト しかし ブームが去ると忘れ去られたような・・・・ また 最近 人気が復活し始めたというニュースも聞きました。 ハリマオ先生は VANのリボンベルトで!!(60~70年代当時もの) 右からVAN / 筆記体VAN / CUE / K…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリマオ先生のIVYカーディガン

紺のスクールカーディガン ハリマオ先生が後生大事に今日まで保存しているワードローブ (家の中ではたまに着ることもありますが・・・・) トラディショナル 特に典型的なアイビーファッションアイテムは もう いいお歳をした昔少年では外には着るわけにはいきません!! 残念ですが、我慢しています。 たまにテレビでこの手のカーディガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VAN「青春をぶっつけろ」

70年代 VANが衣装提供していたテレビドラマは少なくありませんが、 ハリマオ先生世代では 桜木健一の「刑事くん」や時代的には 「俺は男だ」あたりでもVAN関係の衣装や小物が印象的でした。 60年代の第一次アイビーブームや東京オリンピック前後 そして マイク真木らのカントリーウエスタンやフォークブームGS時代・・・ VANのア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日活青春GS映画にVANを見る

VANのアイビーが好きな人にとって嬉しい映画なんか そうめったにありません。 初期のアイビー全盛期にMENS CLUB などで紹介された トニパキのファッションが見られる洋画やその後トラッドな スタイルの俳優が出る映画などは何本かありましたが、VANに こだわった映画はどのくらいあるのだろうか??? (画像はチャンネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「栄光への5000キロ」

石原裕次郎主演の映画 裕次郎ファン 映画 邦画ファン カーレース好き 海外の風景 光景などなど 魅力いっぱいの懐かしの映画ですが、 ここに あらためて 熱烈なVANファンが泣いて喜ぶ シーンが満載なのである それは・・・・・ 衣装考証〈男性〉:ヴァンヂャケット 石津謙介 浅丘ルリ子衣装担当:東急百貨店 フィリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリマオ先生的菅原文太

またしても巨星が・・・ 謹んで哀悼の意を表します。 さて菅原文太さんといえば、東映時代からのやくざもの そしてトラック野郎などがおなじみで、これからテレビでも その話題が尽きないぐらい特集もあることと思います。 ハリマオ先生のブログ的には 知る人ぞ知る昭和30年前後の モデルをしておられた話が似合うのではないかと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイビーな帳面7

60年代後半から70年代前半にかけて、グラフィックデザインと 呼ばれるポスターや装幀が大流行でした。 芝居や展覧会などの定期ポスター 告知ポスター 自動車や化粧品の大型ポスターなどに時の人気イラストレーター 写真家 グラフィックデザイナーなどが多数現れました(目立ちました) ハリマオ先生も特にイラストは”伊坂芳太郎”グ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイビーなVANカレンダー10

VANはVANでも 兄貴格のKentです! トラッドなKentカレンダーです! 正直 Kentと日めくり暦はミスマッチ? いえいえ どうです こんなブリキ製のかっこいいカレンダー Kentの日めくりカレンダーここにあり! 癒しの月占いアドレナライズ小泉 茉莉花ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイビーなVANカレンダー9

よく銀行のおまけ貯金箱に利用されましたね VANもいち早くこの手の貯金箱カレンダーにロゴを入れて プレミアムノベルティーにしました! コレクターにとっては珍品中の珍品です。 正式には「万年カレンダーペン立て付貯金箱」といいます! ♪お子様の夢をよぶ 楽しい貯金箱       ドリームボックス カレンダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイビーなVANカレンダー8

お客様への心をこめたギフト プレゼントとしてはカレンダーが 一番のアイテムでした。 大判のポスターカレンダーとはまた別の 壁に貼ってよし、 デスクに飾ってよしのかっこいいスケジュール表式の かきこみカレンダーはインテリアとしても最適! クラシックなイラストが最高でした! 60年代ノベルティーはカレンダーが主役!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイビーなVANカレンダー7

プラスチック製の壁掛けカレンダー 日付けや曜日も1枚1枚のプラスチックカードになっていて 入れ替え差し替えする楽しいカレンダー! VANのロゴが嬉しいインテリアセンス抜群。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイビーなVANカレンダー6

このスタイルのオートマチックカレンダーは 昭和の香りがいたします! プッシュで日付けが変わり曜日はくるくる回します! VANは黒いシリーズのデスク用品や照明具なんかもありました。 暦と自然の幸運パワー 2015年 天赦日・一粒万倍日カレンダー: Googleカレンダーへのインストール方法解説付き大木 英恵ユーザ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイビーなVANカレンダー5

コインが坂道を転がっていく・・・・ 貯金を兼ねたカレンダー! VANのロゴが嬉しい! 70年代初期にはこんな楽しいプレミアムがありました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイビーなVANカレンダー3

60年代から70年代には定期入れ用タイプの ミニカレンダーが大流行(あらゆる業界の宣伝) VANもいちはやく作成していました。 2015年壁掛けカレンダー ミッフィー/MIFFY/Dick Bruna BCA-1 ミッフィーの定番カレンダー! SQUARE/スクエアSQUAREユーザレビュー:Amazonア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイビーなVANカレンダー2

このような小型サイズのカレンダーもありました。 当時の各企業や財団法人などとのタイアップで作成されています。 Origami 2015 CalendarWorkman Pub Co (Cal)Margaret Van Sicklenユーザレビュー:Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイビーなVANカレンダー1

VANのカレンダー付ポスターはファンにはたまらないノベルティーでした。 最初はキャンペーン期間中に 該当商品を買った顧客にプレゼントするという 企画でした。 顧客とはいえないタイムリーな客はもらえるのか? VANショップに貼ってある期限済みのポスターはもらえるだろうか? いくら買ったらもらえるのか・・・・ リ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイビーな辞書

アイビーというよりトラッドな・・・・ Kentの英和辞典 Kent in tradition の金箔ロゴがマニア泣かせである! 中身はおなじみ 三省堂のデイリーコンサイス ケースもKent そして 本体には黒革ケースに金箔ロゴ嬉しいです!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ナバロンの要塞」

ナバロンの要塞 1961年に封切されて日本でも 有名な戦争映画です。 何度も何度もリバイバルやテレビ放映されています。 物語はハリマオ先生がどうのこうの言う必要はありません。 映画ファンのみならず戦争マニアやその他ファンを魅了する 内容満載の娯楽映画です。 途中の戦略はもちろん、最後の爆破シーンなんかも痛快でした。 さて …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイビーの聖書「TAKE IVY」

アイビー好き好きおじさん達なら ご存じ! アイビー8大学 ルポ写真集ですね。 昭和40年に初版が婦人画報社から発売されましたが、 以外にもあまり売れずに VANが買い取って 販促や大事な お客様用のノベルティーになったとも聞いています。 当時リアルタイムで購入されたりそれを所持されている人にとっては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱりLeeのホワイトジーンズ

Leeのホワイトジーンと呼んでいました! ジーンズ???? リーバイスの白ではなく このLeeの 生成り オフホワイト VANのアイボリーの綿パンと共に トラッドやアイビー愛好の必須アイテム 今でいうマストアイテムでした! もちろん ブルージーンズはリーバイスがメインでたまにLeeでした! (価格的にビッグジョンと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大巨獣ガッパを楽しむ

『大巨獣ガッパ』(だいきょじゅう ガッパ)は、1967年(昭和42年)4月22日に公開された日活製作の日本の怪獣映画 もちろん日活映画「大巨獣ガッパ」である! 東宝の一連の円谷怪獣そして大映のガメラに負けずと あの青春路線の日活が放った大怪獣映画である! 松竹も「宇宙怪獣ギララ」を出しましたね。 青春スターの川路民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最もアイビーな渚の歌

トニパキことアンソニー・パーキンスの歌う 『月影のなぎさ』原題はMoon Light Swim 日本ではミッキーカーチスがカバーしていました。 先日 テレビでアイビーやVANの特集番組がありましたね。 当然 VANやアイビーは 雑誌MENS CLUBから学びました・・・・ トニパキことアンソニーパーキンスが着こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レタードカーデガンを見逃すな!

ハリマオ先生の愛してやまないアイビールック もちろんVANが教えてくれたアイビールックなんですが、 本場アメリカの学園でのキャンパスルックがオリジナル 映画では TALL STORY 「のっぽ物語」にト二パキが見せてくれます! 特にこのレタードカーデガン(スクールカーデガン) 腕にライン ポケットの辺にレターエンブレム そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more