テーマ:流行歌

朋有り遠方より来たる、亦た楽しからずや

映画「嵐電」を観て 京福電鉄嵐山線特に帷子ノ辻を懐かしむ 記事をフェイスブックに掲載しました。 「過去何度も書いたこの嵐山のブログ記事を昨年掲載したわけだが、 偶然にも先日観た映画「嵐電」のなかにもこの嵐山 渡月橋の畔が 主人公のデイトの場所になっていた・・・・ そして 昨日 なんとこの近辺嵯峨小倉山に以前住んでいた、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みっちゃんの新曲

「わすれ酒」 中村 美律子 2019 4月24日発売(キング) 18年8月に発売された「弥太郎鴉」に続くシングルで、 恋の傷あとやひとりになった淋しさを唄い上げた楽曲。 c/w曲として「仁吉の女房」を収録。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光進丸!!

あの悲しい出来事から1年経ちました・・・・ どれだけ多くの夢を与えてくれたでしょうね!! 若大将と海と光進丸 ああ~ 乗りたかったぁ~ 「光進丸」 1978年 東芝 作詞:松本 隆 作曲:弾 厚作 ♪桟橋に立つ君の肩から~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「純愛」ザ・テンプターズ

ショーケンこと萩原健一さんが亡くなられました。 ご冥福をお祈り申し上げます。 テンプターズの「純愛」が好きでした! 1968年 フィリップス  作詞:なかにし 礼  作曲:村井 邦彦   ♪どうして わかってくれないの~ 好きなGSの歌 この「純愛」はかかせないですね! なんてったって 当時の青春のときめき あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森山加代子

歌手の森山加代子さんがなくなられました。 76歳でした。 ご冥福をお祈り申し上げます。 僕たちテレビの大昔から九ちゃんと加代ちゃんを 見て人気者を知っていました。 「白い蝶のサンバ」で再ブレークした時は 驚きましたね!! しかし ♪じんじろげやじんじろげ~は強烈でした!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンテローザを聴くために2

以前(2~3年前) モンテローザのファンだという方からCDの有無を問われました。 あいかわらず昔のレコードマニアのハリマオ先生はCDやDVDの方には力を入れていません。 なんと それどころか フォノシート(ケイブンシャ)いわゆるソノシート盤を紹介します。 もちろん 「君といつまでも」の時の掲載画像です。 ブライトホーンは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

釜山港へ行こう!10

♪椿咲く春なのに~ ヒット曲「釜山港へ帰れ」 ハリマオ先生は李成愛の歌で覚えましたが、チョーヨンピルが 歌って注目された曲である。 そして なんといっても渥美二郎が1983年に歌って大ヒット! 作詞:三佳令二/作曲:黄善友/編曲:只野通泰 カバーしている有名歌手も多いことで有名な韓国名曲だ!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釜山港へ行こう!2

釜山へ「蟹食べツアー」としゃれこんだのですが、 釜山といえば どうしても 名曲「釜山港へ帰れ」を思い出します。 作詞・作曲は黄善友(日本語の歌詞は三佳令二) 1972年にチョーヨンピルが発表していますが、 小生がこの歌を聞いたのは李成愛のLP盤の中である! 結構有名な歌やお気に入りの韓国ソングのなかでも 特に この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燦然と輝く昭和の名曲(流行歌・歌謡曲)

やはりいい歌はいい! 昭和の流行歌謡曲はこれに限る! 何度も言いたいハリマオ先生が好きな昭和懐メロ決定版(暫定) 1位 『純情二重奏』(昭和14年) 高峰三枝子・霧島昇     作詞:西条八十  作曲:万条目正     ♪森の青葉の陰に来て~ 2位 『高原の旅愁』(昭和15年) 伊藤久男     作詞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画の夕陽が泣いている

ザ・スパイダースの人気を決定づけた同名曲 「夕陽が泣いている」 作詞・曲:浜口庫之助 1966 フィリップス をモチーフに、 バンドでの成功を夢見る青年たちの栄光と挫折、 そして再出発を描く。 山内賢、和泉雅子と日活の青春スターが共演。 日活での映画化 スパイダースの中でも最高の曲を GS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋のつむじ風

日活 青春映画 1969 松原智恵子単独主演???? いえいえ 杉良太郎さんをわすれちゃいけません! 日活もロマンポルノへと路線変更の70年代を前に 最後かもしれない青春ドラマ (当時のテレビドラマ感たっぷり!!) いしだあゆみの「ブルーライトヨコハマ」やキングトーンズの「グッドナイトベイビー」 も歌謡映画ファンには嬉し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛するワイルドワンズ

日活「愛するあした」1969 和田浩治と伊東ゆかり・松原智恵子  この青春映画はGSのワイルドワンズも大々的に共演しているという 歌謡曲映画 青春GSファンにはたまらない魅力たっぷりの映画だ! もちろん 当時吉永小百合を追い越す勢いの松原智恵子 そして 流行歌ヒット驀進中の伊東ゆかり 話の内容は ハリマオ先生的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春の海と勇気あるもの

吉永小百合の歌っていた「勇気あるもの」が主題歌になっている日活映画 「青春の海」 1967日活 これは 決して山内賢&和泉雅子でなく、渡哲也&吉永小百合主演だ! しかも その兄弟役で 川路民夫 和田浩治 もでて豪華配役だ! お父さん役で笠智衆がでてるぞ! 少年の小倉一郎も目立っているが水谷豊はどこででていたのかな?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春歌謡TOP20

何度でも言います! これが「青春歌謡」TOP20 ハリマオ先生テイスト(^^) 1位 「女学生」 安達明  ♪うすむらさきの~ もうこれしかないでしょう! 2位 「君だけを」 西郷輝彦 ♪いつでもいつでも~ もうこれこそ青春歌謡! 3位 「美しい十代」 三田明 ♪白い野バラを~ 青春歌謡はこれでしょう! 4位 「花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤い蕾と白い花(寒い朝と金子信雄)

何の予備知識もなく原作も知らずにこの映画を観ると、すぐに これは石坂洋次郎だろうと思わずにいられない、青春爽やか話だ。 吉永小百合&浜田光夫の日活青春映画ファンにはおなじみの定番! しかししかし 驚くことなかれ 金子信雄さん演ずるとってもいいお父さん それが最後までいいお父さんだったというのが映画マニアには??? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋をしようよカリブの花

♪エルビラ― エルビラー 懐かしいですね(^^) 懐かしい歌声 この歌を主題歌にした 「恋をしようよカリブの花」という青春日活映画 詳しい話の内容はネットのサイトで、詳細に 記述があるので、書きませんが、要は 三田君演ずる将来コックの留学で外国へ行く 夢のある若者とその友達で田辺靖男演ずる造船所で 働く暗い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画の若い港

♪呼んでるぜ 呼んでるぜ 七つの海が~ 懐かしい歌ですね! 三田明の青春ですね! 歌の大ヒットと共に同名の映画も日活で公開されました。 三田君はもちろん和泉雅子&山内賢の素敵なコンビ ファンはたまりません! 話の内容は いたってシンプル。 商船大学受験を控えた高校のブラスバンド部の 連中と近くの女子学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイビーと恋する年ごろ

三田明と早瀬久美の映画「恋する年ごろ」松竹1966 主題歌は「恋のアメリアッチ」だが 「恋人ジュリー」や「アイビー東京」も聞けるご機嫌な映画だ! 「タッチ・アンド・ゴー」「山に登って」 三田さんヒット曲大会 お祭りだ!! 学生設定のカジュアルルック ガチガチアイビーではないが三田明の ストライプボタンダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画の恋のメキシカンロック

恋のメキシカンロック 恋と夢と冒険 御存知橋幸夫のリズム歌謡『恋のメキシカン・ロック』の映画版!! てっきり舞台はメキシコや南米になるのかと思ってたら・・・・ なんと グアムでしたね(^^)/ 歌謡映画ってタイトルと何の関係もないやん!というのが多いです。 もてもての橋さんとはちきれぴちぴちの由美さん そして パ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンガポールの夜は更けて(由美かおると共に)

「シンガポールの夜は更けて」 昭和41年12月発売 作詞:佐伯孝夫 作曲・編曲:吉田正 ♪南十字は燃えたとて~ 「南十字に涙して」 昭和41年12月発売 作詞:佐伯孝夫 作曲・編曲:吉田正 ♪シンガポールで涙して~ 橋幸夫のカッコいい歌謡映画シリーズ!! 今まで相手役は倍賞千恵子さんのイメー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涙にさよならを

映画『涙にさよならを』 このタイトルでは よほどの歌謡曲マニアか 橋幸夫ファンでないと理解できないだろう! 「チェッ・チェッ・チェッ」といえば なるほど(^^) まずは その説明をWIKIより 「チェッ・チェッ・チェッ -涙にさよならを-」は、 1964年11月20日にビクターレコードより発売された橋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君は今でも(加山雄三)

『君は今でも』 2012年9月発売 逍遥歌~そぞろ歩けば~ 名物番組『ちい散歩』を受けてテレビ朝日系で放映中の 『若大将のゆうゆう散歩』のテーマ曲。 作詞はさだまさし、曲は本人弾厚作。 これは加山雄三ファンでなくとも番組ファンならおなじみですが、 カップリングの「君は今でも」を知ってますか? 平成23…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪あなたと私の合言葉~

有楽町で逢いましょう♪ この歌はあまりにも有名で、数々のエピソードもある、そして歌詞なんかにも 色々 韻を含んでいたり歌自身 奥の深さがあるのは知っていたが、ようやく その歌を主題歌にした大映映画を観る機会を得た。 川口&野添のロマンスもいいが、京マチ子ファンにとっては 菅原謙二との ロマンスも楽しい内容だ! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「喜劇体験旅行」に登場のデュエット歌手

「喜劇体験旅行」に登場のデュエット歌手 第一作の「喜劇 大安旅行」に始まり、 前作「満願旅行」に続く、 舞台を佐渡にうつしての旅行シリーズ第七作。 脚本は「満願旅行」の舟橋和郎と増田彬。 監督は脚本にも参加している同作の瀬川昌治、 撮影は「花の不死鳥」の丸山恵司がそれぞれ担当。 ハリマオ先生的にこう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舞妓はんと云えば!

橋幸夫の「舞妓はん」は今でもよく耳にする大ヒット曲です。 しかしシリーズであと2枚出てました・・・・ いわゆる舞妓はん3部作 「舞妓はん」 橋幸夫シングル31枚目 1963年2月ビクター(VS-927) 作詞:佐伯孝夫  作・編曲:吉田正 ♪花のかんざし~ 後日 松竹で橋幸夫・倍賞千恵子で映画化「舞妓はん」 主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

編曲の森岡賢一郎氏死す!

森岡 岩谷 弾 最強トリオ 編曲の森岡賢一郎氏死す。 あまりにも見事な編曲で立派な業績です!! 小柳ルミ子さんの曲 郷ひろみさん ブルーコメッツ 森進一さんや中村晃子さんいっぱいいっぱいありますが、 我らが若大将加山雄三の一連のヒット曲のほとんどは 岩谷さんの作詞と森岡氏の編曲だということを 知って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブーベの恋人

「ブーベの恋人」 御存知CCことクラウディア・カルディナーレとジョージ・チャキリスのイタリア&フランス映画 その主題歌(もちろんカルディナーレが本家)を日本ではザ・ピーナッツとの競作で発売されました。 作詞・作曲:カルロ・ルスティケッリ、日本語版訳詞:漣健児。 クラウディア・カルディナーレ『ブーベの恋人』 いしだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みっちゃんの新曲!

美っちゃんこと 中村美律子さんの新曲がいよいよ8月8日発売です(^^)/ CD内容は 1.弥太郎鴉 作詞:久仁 京介 作曲:宮下 健治 編曲:南郷 達也 2.忠治旅鴉 作詞:久仁 京介 作曲:宮下 健治 編曲:南郷 達也 3.弥太郎鴉(オリジナルカラオケ) 4.弥太郎鴉(一般用カラオケ半音下げ) 5.忠治旅鴉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春の鐘

映画「青春の鐘」 今夜は 待ちに待ったワールドカップの対ポーランド戦 サッカーを扱った青春ドラマや映画はたくさんありますね! 青春の思い出にまつわる やはり何といっても舟木一夫!!! 松原智恵子さんとの共演も嬉しいではありませんか! あまり内容はサッカーは2の次でしたが、舟木&松原コンビには お爺やお婆になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水の中のアジア

「スラバヤ通りの妹へ」松任谷 由美 1981年 5月21日発売(東芝EMI) 今を生きる青年諸君は当然CDだとお思いでしょうが、 ハリマオ先生のコレクションは12インチ 45回転のLPレコードなんですよ! 当時でもユーミンの曲はすばらしく、才能も認めていたものの、 レコードを買うにはいたりませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more