テーマ:映画三昧

喜劇「駅前火山」に登場のGS!!

喜劇 「駅前火山」1968年5月公開(東宝) 『駅前シリーズ』第23作。本作から脚本は池田一朗(のちの隆慶一郎)が担当、 そして監督は本作のみ新東宝出身の山田達雄が務めた。 本作はシリーズで唯一の九州ロケで、 西鹿児島駅(現:鹿児島中央駅)や桜島一体を舞台とし、 地熱発電を建設しようとする次郎と、それを利用す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

の・ようなもののようなもの

映画「の・よなもののようなもの」 あの森田監督を偲んで 『の・ようなもの のようなもの』は、2015年の日本映画。 森田芳光監督の劇場デビュー作『の・ようなもの』の35年後を描く完全オリジナルストーリー。第28回東京国際映画祭・パノラマ部門出品作品。 「の・ようなもの」は 出演者が全員アイビールックに身を包んでのお芝居だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪あなたと私の合言葉~

有楽町で逢いましょう♪ この歌はあまりにも有名で、数々のエピソードもある、そして歌詞なんかにも 色々 韻を含んでいたり歌自身 奥の深さがあるのは知っていたが、ようやく その歌を主題歌にした大映映画を観る機会を得た。 川口&野添のロマンスもいいが、京マチ子ファンにとっては 菅原謙二との ロマンスも楽しい内容だ! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君はどの「潮騒」

今だからこそ『潮騒』を読もう! 観よう! この小説を読んだ時の衝撃というか青春の血が 騒いだあの時の感覚を君はおぼえているか? 高校時代に時を同じくしてそれを読んでいたT君と 完全に同調したあのときめき 胸騒ぎ!! そして 何度も映画化されたこの名作。 君はどの映画を観たか? 『潮騒』(しおさい)は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「喜劇体験旅行」に登場のデュエット歌手

「喜劇体験旅行」に登場のデュエット歌手 第一作の「喜劇 大安旅行」に始まり、 前作「満願旅行」に続く、 舞台を佐渡にうつしての旅行シリーズ第七作。 脚本は「満願旅行」の舟橋和郎と増田彬。 監督は脚本にも参加している同作の瀬川昌治、 撮影は「花の不死鳥」の丸山恵司がそれぞれ担当。 ハリマオ先生的にこう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

80年代 VAN復活!「の・ようなもの」

80年代初期復活VANアイビーファンのために! アイビールックを楽しめる映画! 『の・ようなもの』は、1981年の日本映画。 落語の世界を題材にして、 コメディの要素を取り入れた青春群像映画。 とにかく当時雑誌「Hot・Dog PRESS」の VAN特集のページをくまなく見ていたファンには すっかりおなじみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「喜劇満願旅行」に登場のお菓子

喜劇・満願旅行 御存知 フランキー堺の専務車掌シリーズ 1970年の作品 シリーズ第6作 ハリマオ先生的に内容解説ではなく、文化遺産 探訪特に登場の玩具にスポットライトを当てたいのだが、 今作品はおもちゃの出る幕はなし! ところが とっても時期的にぴったしの「お菓子」 森永のチョコフレークしかも当時のあの紙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「喜劇駅前漫画」に登場の玩具

「喜劇駅前漫画」に登場するブリキの宇宙魔人! 東宝おなじみの森繁・フランキー・伴淳の駅前シリーズ 1966年の公開。 ハリマオ先生的鑑賞法のマストアイテム(^^)/ ブリキロボットコレクターには嬉しい堀川(SH)の 宇宙魔人しかもこのシルバータイプが見られます! 国内販売はガンメタ色でゴールドやシルバーは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「喜劇駅前団地」に登場の玩具

『喜劇 駅前団地』 1961年8月13日に東宝系で公開された日本映画。 カラー。東宝スコープ。東京映画作品。88分。 森繁久弥・伴淳三郎・フランキー堺 淡島千景に淡路恵子・森光子らの豪華大物俳優に 当時人気絶頂中の坂本九 「九ちゃんのズンタタッタ」なんか超懐かしいですね! そして映画ファンには嬉しい山内賢の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この映画にもジョッコーが!

大映映画「からっ風野郎」 1960年(昭和35年)3月23日公開。監督は増村保造。 脚本は菊島隆三。作家の三島由紀夫が映画俳優として初主演した作品である。 共演女優は若尾文子!! 話の内容はハリマオ先生ごときが申すまでもなく 専門書やネットで詳細にあります。 また 映画ファン 大映や邦画マニア では何度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日はジェームスディーンの命日

本日はあの名優ジェームスディーンの命日 謹んで哀悼の意を表します。昭和30年(1955)9月30日 小森のおばちゃまになりかわってもここに 紹介したいと思います! ハリマオ先生的には どうしても ゼンマイ玩具の あのアルプスの「ジョッコー」になります! 名作「理由なき反抗」に登場していましたね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブーベの恋人

「ブーベの恋人」 御存知CCことクラウディア・カルディナーレとジョージ・チャキリスのイタリア&フランス映画 その主題歌(もちろんカルディナーレが本家)を日本ではザ・ピーナッツとの競作で発売されました。 作詞・作曲:カルロ・ルスティケッリ、日本語版訳詞:漣健児。 クラウディア・カルディナーレ『ブーベの恋人』 いしだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッション:インポッシブル(スパイ大作戦)

今話題の「ミッションインポッシブル・フォールアウト」を 観てきました! 内容や詳細は 皆様の方がよ~く御存知なので敢えて 書きませんが、 実に大変すごくとてもおもしろかったです! そもそもミッションインポッシブルというのはテレビドラマ スパイ大作戦の原題でなじみ深いですね。 トム・クルーズの映画版イーサンのシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津川雅彦の厨子王

ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞 溝口健二監督の「山椒大夫」 大映の名作映画 1954年の作品だから 小生は当然後日鑑賞。 京都で大映が倒産したあと 組合や映画ファンが 大映再開の夢を求めて「大映よい映画を観る会」 というのが開催され その中の作品で観ました。 名優ぞろいのなかで、安寿の香川京子さんが 超素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春の鐘

映画「青春の鐘」 今夜は 待ちに待ったワールドカップの対ポーランド戦 サッカーを扱った青春ドラマや映画はたくさんありますね! 青春の思い出にまつわる やはり何といっても舟木一夫!!! 松原智恵子さんとの共演も嬉しいではありませんか! あまり内容はサッカーは2の次でしたが、舟木&松原コンビには お爺やお婆になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モスラ対ゴジラ

『モスラ対ゴジラ』は1964年(昭和39年)4月29日に公開された日本映画。 ゴジラシリーズの第4作であり、『モスラ』の続編でもある。 製作、配給は東宝。カラー、東宝スコープ。上映時間は89分。併映は『蟻地獄作戦』。 初回興行時の観客動員数は351万人。登場怪獣はゴジラ、モスラ(幼虫、成虫)。 (本編監督)本多猪四郎 (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雷蔵映画と朝丘雪路

1作目 「若親分」 1965 3月 大映 2作目 「若親分出獄」 1965 8月 朝丘雪路さんは市川雷蔵の ヒットシリーズ『若親分』の最初の2作にヒロインとして出演していました! ご冥福をお祈り申し上げます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十戒のパンフレットと学割券

当事 007や天地創造 ミクロの決死圏  猿の惑星 恐竜100万年など 娯楽特撮映画がブーム そして ベンハーや十戒などの名作リバイバルもあった!! なんと 京都の東宝パレス5劇場の学割券で250円だった・・・ この券のデザインだけでも豪華だ!! 本日 BSで「十戒」を放映していたので、おもわずパンフレットを引っ張り出し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しいジュマンジ・シリーズ

昨日はシネコン(八尾アリオ)にて 映画「ジュマンジ・ウェルカム・トゥ・ジャングル」 を鑑賞して来ました! 好きなおもしろい映画シリーズですが、なんと早くも 「ジュマンジ3」が製作されていたとの ニュースを知り驚くと共に楽しみです 1作目 『ジュマンジ』 (日本公開:1995年)  ロビン・ウィリアムズ主演 2作目 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

究極の日本特撮映画

『大仏廻国』 昭和9年(1934)  原作・脚本:大仏映画製作所 監督:枝正義郎 撮影:町井春美 録音:松井晴継 「キネマ旬報」(1934年11月1日号) によれば、 「或は汽車をまたぎ、或は掌の上で芸妓を踊らせ、 或は三階の家屋を枕に寝る」「大仏は昇天し、 瑞雲に包まれ五彩の花片に飾られて東京に行かれる」とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プテラノドン

画像は 20世紀フォックス映画「恐竜100万年」より 東宝映画の「ラドン」はもちろんこのプテラノドンから拝借のネーミングということは 周知のとおりである。 空飛ぶ恐竜ともいうべき 「翼竜」には たくさんの種類がありますが、最低限恐竜ファンの 基本として このプテラノドン そして ランフォリンクス および プテロダククスの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレシオサウルス

ハマープロの作品「恐竜時代」に登場した プレシオサウルス 海にいる恐竜?は 魚竜や首長竜である 映画や漫画・小説などにも結構登場する 首が長くて手足がひれになっているタイプ その代表がプレシオサウルス!! (よいこは当然 魚竜・海竜・翼竜は恐竜とは別なことを知っています) ウィキペディアの説明 プレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロジャームーアの007

3代目ジェームスボンド役のロジャームーアさんが亡くなったニュースを聞きました! 残念です。哀悼の意を表します。 ロジャームーアといえば ある年齢以上の方は当時テレビの「天国野郎」を思い出します。 □第8作 1973年 007 死ぬのは奴らだ(Live and Let Die) □第9作 1974年 007 黄金銃を持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キングコング

♪大きな山をひとまたぎキングコングがやってくる~ 60年代のアニメの「キングコング」の主題歌を歌えるあなたは当然 本家・元祖のオブライエンの ハリウッド映画を最高峰として その後次々と映画化作品をご存知ですね!! 今年(2017)のキングコング髑髏島の巨神も ゴールデンウィークを避けて落ち着いたら観に行こうと 気楽に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メラメラ

ザ・スパイダース 『メラメラ』 この歌は かまやつさん作曲でも マニアックですね 以下は 過去の記事からの引用です。 1968年  作詞:片桐 和子  作曲:かまやつひろし  ♪メラ メラメラメラ メラ~  スパイダースのごきげんのりのよいリズミカルソングに「フリフリ」や「バンバンバン」など 有名!! そして知る人ぞ知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マライの虎(ハリマオ)

DVDの「マライの虎」古賀聖人監督作品 ハリマオのモデルとなった”谷 豊”を主人公にした作品は小説、読み物 映画にも 見られます。 マレーシア在住の日本人の床屋の息子が太平洋戦争開始と同時に家族の迫害に見舞われます。 その復讐心で盗賊になって暴れまわるお話ですが、最近では 陣内さん主役の 「ハリマオ」でご存知の人も多いで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松方弘樹の幸村

真田幸村といえば最近までのNHK大河で堺雅人の信繁が印象的でしたが、過去にはテレビや 映画でいろいろな大物俳優が演じてきた歴史の名将ですね 1979年の映画 『真田幸村の謀略」 関ケ原の戦いで敗退した真田幸村が、天下統一の野望を成就しようとする家康の首を狙って、真田十勇士と共に、さまざまな謀略に打って出る姿を描く。脚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松方弘樹の影丸

東映「伊賀の影丸」ポスター 横山光輝の同名マンガを映画化。徳川家康を守る影丸と、阿魔野邪鬼ら甲賀七人衆との対決を描く娯楽時代劇。主演の松方弘樹はこの後『怪竜大決戦』で児雷也を演じた。忍者集団・甲賀七人衆という設定は『大忍術映画 ワタリ』の伊賀崎六人衆や『仮面の忍者 赤影』の霞谷七人衆のさきがけと言える。 伊賀の影丸の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

松方弘樹の狂四郎

1969年 大映映画「眠狂四郎・偃月殺法」の主題歌 松方弘樹さんのご冥福をお祈り申し上げます。 もう残念で仕方ないです・・・・ 眠狂四郎といえば市川雷蔵の定番ですが、それ以前・以後にはいろいろな俳優も演じてました。 大映では雷蔵の後釜に松方さんが演じました。 「眠り狂四郎・卍斬り」のポスター
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more