テーマ:映画三昧

ロストワールド(ジュラシックパーク)

『ロスト・ワールド ジュラシックパーク』 昨夜テレビで放映されてましたね♪ The Lost World:Jurassic Park 1997年のアメリカ ヒット映画です。 ジュラシックパークの続編にあたります。 今のところ ジュラシックパークやジュラシックワールドなど 全5作がありますし、 皆様もそれぞれに いろいろ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイス・アーミー・マン

『スイス・アーミー・マン』 このところ邦画鑑賞が続いており、洋画は観ないのか? という お言葉に答えて、撮り置きのビデオを観ました。 スイス・アーミー・マン(2016)というタイトルの かなり異色の内容の映画です♪ (ネットでの解説は) 『ハリー・ポッター』シリーズなどのダニエル・ラドクリフが主人公である死体を演じ、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『柔道一代』

柔道一代 ♪いかに 正義の道とはいえど~ 千葉ちゃんを偲ぶ 懐かしの映画。 空手や少林寺 忍術や刀剣のイメージですが それらも 「柔道」から始まった! 「柔道一代・講道館の鬼」東映1963 講道館四天王の一人・西郷四郎を若き日の千葉真一が“本郷"四郎の名で演じる。 姿三四郎のモデルでもある。 主題歌を歌ってる村田英雄も …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルモンド死す!

ジャンポール・ベルモンド ご冥福をお祈り申し上げます。 小生が語るまでもなく 中学・高校時代には超有名な俳優でした。 数々の作品がありますが、「オー  Ho!」というのが 強烈な印象で 映画館へは行きませんでしたが、後日テレビ放映 されたときに観ました! 『オー!』(Ho!) 1968年のフランスの映画。 ロベール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『エイセス / 大空の誓い』

『エイセス / 大空の誓い』 追悼・千葉真一さん とのことでテレビでの放映を観ました! 千葉真一の映画は殆ど?と言っていいほどたくさん観てきました。 しかし この映画はまだ観ていなかった作品でした。 『エイセス / 大空の誓い』(Aces: Iron Eagle III )は、1992年のアメリカ合衆国の映画。 監…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今は昔SF少年㉚

今は昔SF少年㉚ 中子真治編著:『超SF映画』 奇想天外社 1980年  (447p 31cm) SF映画ファンなら 黙ってこれを蔵書かつ活用書として 重宝しているはずです。 バイブルと心で叫んで、毎日劇読しています♪ なにしろ 原題と日本放映時のいわゆる「邦題」が 速攻にわかります♪ これは嬉しい限りです。 貴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今は昔SF少年㉙

今は昔SF少年㉙ 『コンプリート・レイ・ハリーハウゼン』白夜書房 1993 ハリマオ先生の蔵書?の中でも愛読書である”コンプリート・レイ・ハリーハウゼン” 1993年に白夜書房から発売されたムック的なカタログ本ですが、 マニアにとっては聖書的な貴重資料となっています。(ブログの過去記事と同文 以下も) 映画好きの人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今は昔SF少年㉕

今は昔SF少年㉕ 1980年に上映された日本SFアニメ映画 80年代だけでなくその後のSFアニメブームの源流と言っても 過言でない1980年! □ドラえもん のび太の恐竜 □銀河鉄道999 ガラスのクレア □火の鳥2772 愛のコスモゾーン □地球へ… □宇宙戦艦ヤマト ヤマトよ永遠に □サイボーグ009 超銀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今は昔SF少年㉔

今は昔SF少年㉔ 劇場版「機動戦士ガンダム」 プラモ・玩具・アニメ どれもファンやマニアが いっぱいいました♪ 映画:機動戦士ガンダム 監督 富野喜幸 藤原良二 制作 日本サンライズ 配給 松竹 封切日 1981年3月14日 上映時間 137分 映画:機動戦士ガンダムII 哀・戦士編 監督 富野喜幸 制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今は昔SF少年㉓

今は昔SF少年㉓ 1.銀河鉄道999 (The Galaxy Express 999) 漫画版アンドロメダ編を、コンパクトな形で再構成した全編新作のアニメ映画作品。 1979年公開。製作した東映動画は、設立以来、親会社の東映の下で劇場アニメ映画の制作をしていたが、 本作が東映動画にとっての初の自社製作の劇場映画となる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今は昔SF少年㉒

今は昔SF少年㉒ バーバレラ 1968 1962年にジャン=クロード・フォレ(Jean-Claude Forest)によって作られたフランスのSFコミック。 その映画化作品バーバレラとは主人公の女性キャラクターの名前。 当時映画ファンのSF少年の心は エロチックな描写を期待した名作映画!! ジェーンフォンダの名前もすで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今は昔SF少年㉑

今は昔SF少年㉑ 「時計じかけのオレンジ」1971 『時計じかけのオレンジ』(A Clockwork Orange)は、 アンソニー・バージェスが1962年に発表した同名の小説を原作とする1971年公開の映画。 スタンリー・キューブリック監督。 この映画作品がSFのカテゴリーに入ってるのを見ますが、ヴァイオレンス要素た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今は昔SF少年⑳

今は昔SF少年⑳ 『2001年宇宙の旅』(原題:2001: A Space Odyssey)は、 アーサー・C・クラークとスタンリー・キューブリックのアイデアをまとめたストーリーに基いて製作された、 SF映画およびSF小説である。映画版はキューブリックが監督・脚本を担当し、1968年4月6日にアメリカで公開された。 SF映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今は昔SF少年⑲

今は昔SF少年⑲ 映画「猿の惑星」1968 この映画を観終わったときのあの衝撃は今でも 忘れられません! あのラストシーンは強烈でした。 特撮の史劇やSF映画など 映画を楽しみにしていたあの頃 内容を知る前に、チャールトンヘストンが主演だという そのことだけで ワクワクしたものです♪ その後のシリーズ作 全部観て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今は昔SF少年⑱

今は昔SF少年⑱ 恐竜映画のパンフレット! SF特撮映画といえば、宇宙やロボットなどが主流です。 でも忘れちゃならないのが「恐竜映画」 太古の生物がなぜSFなのかと真剣に考えてはいけない・・・ 昔の人形アニメ(キングコングなど)から最近はCGで 本物(見たことないけど)のような再現術 まさにSF トリックアート。 出来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快傑黒頭巾

東映 大友柳太朗 主演シリーズ □快傑黒頭巾(1953年) □快傑まぼろし頭巾(1954年) □御存じ快傑黒頭巾 マグナの瞳(1955年) □御存じ快傑黒頭巾 新選組追撃(1955年) □御存じ快傑黒頭巾 危機一発(1955年) □御存じ快傑黒頭巾 神出鬼没(1956年) □快傑黒頭巾(1958年) □快傑黒頭巾 爆発篇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今は昔SF少年⑩

今は昔SF少年⑩ 特撮SFX大全科―世界の特撮映画を完全紹介!! (大全科シリーズ) 竹内義和 1984(秋田書店) こういった文庫本スタイルで手軽に趣味の世界が楽しめるように なりました! この表紙で 特撮映画ファンは買ってしまいます(^^)/ 特撮SFX大全科―世界の特撮映画を完全紹介!! (大全科シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今は昔SF少年⑧

今は昔SF少年⑧ スターログ日本版 『スターログ日本版』は、1978年8月に鶴本正三が主宰するツルモトルームより隔月で刊行が開始され、 5号で月刊化された。1987年2月に100号で休刊した。 1982年6月号:感動の1960年代特集 マニア泣いて喜ぶ玩具やスペース映画満載 1987年2月号:special issue (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今は昔SF少年⑤

今は昔SF少年⑤ 季刊映画宝庫 SF少年の夢 1978年 春 No.6 芳賀書店 まさにこのブログのテーマ「SF少年」の総集編のような 特集タイトル! 当然 この書籍がそもそも記事を書く発端だったのです♪ この季刊「映画宝庫」といえば 映画ファンにとっては 待ち望んでいたような出来のよさで 創刊号のキングコング …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラミティ・ジェーン

カラミティ・ジェーン(1953) ドリス・デイが歌うミュージカル要素たっぷりの西部劇! よく 「アニーよ銃をとれ」と比較されますが、面白い映画は 本当に楽しくて 人生を豊かにさせてくれます。 ハリマオ先生的には 冒頭で出てきたウエスターンエクスプレス よく玩具や遊園地で見かける西部クラシック汽車♪ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今は昔SF少年④

今は昔SF少年④ 月刊マンガ少年 臨時増刊号 「SF(TV、コミック、アニメ、映画)の世界」 1978 監修・豊田有恒  特集:①日本ビジュアルSFの流れを追う。②スター・ウォーズのメカ。③松本零士SF漫画館。④SFコレクション大公開。  202ページ カラー/白黒 大きさ約25.5(タテ)×18(ヨコ)×1(厚さ)センチ  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今は昔SF少年②

今は昔SF少年② キネマ旬報(臨時増刊) 『世界SF映画大鑑』 昭和44年(1969) キネマ旬報は映画ファンにとっては外せない 会社であり、映画雑誌や専門書でもありました。 しかし毎月買うではなく、たまに増刊として 貴重な資料などが発売されました! 当時バーバレラや猿の惑星 2001年宇宙の旅 などの映画に夢中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コングと水戸黄門

水戸黄門漫遊記 第7話・怪力類人猿 コング映画は大好きという貴兄! これを観ずして コングや獣人関係映画を語るなかれ(^^)/ 東映 1956 月形龍之介主演 (内容・引用) 諸国漫遊の途中、房州銚子に来た黄門一行は、 若い女の惨死体が次々と増えるという事件にぶつかった。 裸女の背についた巨大な爪跡に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出月夜(新東宝)

御存じ新東宝がお贈りする歌謡メロドラマがこれです!! 『思い出月夜』1956 監督:近江俊郎(富士映画) 高島忠夫と池内淳子の恋愛コテコテかと思いきや、 妹役の三ツ矢歌子がなにをする! 救いようのないストーリー展開・結末は観てのお楽しみ(^^) 歌謡曲ファンとしては高島忠夫と白根一男の流しシーンは 嬉しいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

How Green Was My Valley

『わが谷は緑なりき』 ハリマオ先生は新東宝の映画ばかり見てると勘違いしてる貴兄のために こんなすばらしい洋画もちゃんと観ているのです(^^)/ 今さら内容がどうのこうのとは申すまでもないですが、 原題をこのような邦題に考えた方に感服する次第です!! 『わが谷は緑なりき』(How Green Was My Valley)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「毒蛇のお蘭」新東宝

『毒蛇のお蘭』 新東宝 1958 主演 小畑絹子・天知茂・坂東好太郎 もろ肌脱げば蛇の刺青!男殺しの一代女! 妖艶小畑絹子の毒蛇のお蘭! 純情可憐な娘が盗賊にかどわかされ妖艶な毒婦へと変わっていく姿を描く時代劇ドラマ。 時代が江戸から明治へと代わったころ、志乃は盗賊にかどわかされ、手篭めにされた挙句、刺青を彫られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浪花千栄子でございます!

某局の朝ドラ 浪花千栄子の半生を描いた 「おちょやん」が本日 最終回を迎えました。 半年ほどでしたが、 映画好きや 特に京都の 嵯峨にゆかりのある人々はことさらに 興味深くご覧になったと思います!! よく天竜寺の境内に料亭をオープンしてそこに 住まいを持ったような記述がありますが、 当時から 京都の嵯峨 嵐山か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子鹿 or 仔鹿  

撮り置きの録画『小鹿物語』 いまだに子鹿なのか仔鹿なのかよくわからない とにかく 泣きました!! 朝 朝ドラの「おちょやん」を観て 泣いたばかりなのに また泣きました。 子鹿物語 [DVD] - グレゴリー・ペック, グレゴリー・ペック 子鹿物語 [DVD] - ピーターストラウス.ジーン・スマート,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薔薇の標的(加山雄三)

薔薇の標的 加山雄三の話題を掲載していますが、偶然にも 薔薇(バラ)が続いていますので、東宝の映画 加山雄三主演の「薔薇の標的」1972年をどうぞ! 詳しい内容は載せませんが、簡単に言うと 銃にしか生きがいを見出せなかったスナイパーが、女を愛することを知り、 謎の組織の魔の手から彼女を守ろうとする物語です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊賀の影丸(映画と人形劇)

「伊賀の影丸」 世のなかは忍者ブームの真っ最中、僕たちよいこは 「少年サンデー」連載の伊賀の影丸が大好きでした! 映画化されたときは主演が結構大人だと知って(松方弘樹) 驚きました! テレビでは人形劇だったのが、正直 残念だと思いました。(1963) 横山光輝の同名マンガを映画化。東映(1963)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more