テーマ:映画三昧

むっつり右門(大友柳太朗)

大友柳太朗の映画がおもしろい!! もちろん嵐寛寿郎の十八番シリーズを見事にバトンタッチ!! 『右門捕物帖 南蛮鮫』は、1961年(昭和36年)1月15日公開の日本映画である。 東映製作・配給。監督は沢島忠。カラー、東映スコープ、87分。 大友柳太朗主演の『右門捕物帖』シリーズの第3作 配役 むっつり右門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大友柳太朗の丹下左膳

先日観た丹下左膳は大友柳太朗!! 大友柳太朗の丹下左膳ファンは多い!! 丹下左膳といえば大河内ではあるが、それを 現役で観ていた人は???? 僕たちが知っている丹下左膳はもちろんこの人 「大友柳太朗」だ!! シリーズで最初は松島トモ子がチョビ安だったが、 この作品はあの目方誠(そうご存知美樹さん) 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「嵐電」

50年前にタイムスリップしてきました! 大阪は梅田 テアトル梅田で公開中の映画「嵐電」を 観てきました! 監督:鈴木卓爾 音楽:あがた森魚 主演:井浦新 大西礼芳 物語の筋や内容解説は控えますが、 とにかく 嵐電すなわち京福電鉄・嵐山線 この電車は小生にとっても忘れられない密着型想い出の電車なのだ。 しかも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ベンハー」のパンフレット

映画「ベンハー」のパンフレット もちろんウィリアム・ワイラー監督 チャールトンヘストン主演の超スペクタクル映画だ! この映画は何度もリバイバル上映され テレビでも数えられないほど放映されています。 内容云々はいまさらここに書きませんが、とにかく 圧巻はあの戦車シーンですね! 小生はあの競技場の中央に鎮座する巨大石像(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試写会でよい映画を観ました!

充実した一日 昨日はMBSラジオ「ありがとう浜村淳です」の映画試写会に行ってきました。 本当に面白い内容でよかったです。 倍賞千恵子や藤竜也の名優の渋い演技はもちろん 猫好きのあなた! 是非見てください おもしろいですよ(^^) そしてそして その映画試写会までに 難波の有名な「たこ焼き」のお店で なんと無料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画の夕陽が泣いている

ザ・スパイダースの人気を決定づけた同名曲 「夕陽が泣いている」 作詞・曲:浜口庫之助 1966 フィリップス をモチーフに、 バンドでの成功を夢見る青年たちの栄光と挫折、 そして再出発を描く。 山内賢、和泉雅子と日活の青春スターが共演。 日活での映画化 スパイダースの中でも最高の曲を GS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋のつむじ風

日活 青春映画 1969 松原智恵子単独主演???? いえいえ 杉良太郎さんをわすれちゃいけません! 日活もロマンポルノへと路線変更の70年代を前に 最後かもしれない青春ドラマ (当時のテレビドラマ感たっぷり!!) いしだあゆみの「ブルーライトヨコハマ」やキングトーンズの「グッドナイトベイビー」 も歌謡映画ファンには嬉し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛するワイルドワンズ

日活「愛するあした」1969 和田浩治と伊東ゆかり・松原智恵子  この青春映画はGSのワイルドワンズも大々的に共演しているという 歌謡曲映画 青春GSファンにはたまらない魅力たっぷりの映画だ! もちろん 当時吉永小百合を追い越す勢いの松原智恵子 そして 流行歌ヒット驀進中の伊東ゆかり 話の内容は ハリマオ先生的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春の海と勇気あるもの

吉永小百合の歌っていた「勇気あるもの」が主題歌になっている日活映画 「青春の海」 1967日活 これは 決して山内賢&和泉雅子でなく、渡哲也&吉永小百合主演だ! しかも その兄弟役で 川路民夫 和田浩治 もでて豪華配役だ! お父さん役で笠智衆がでてるぞ! 少年の小倉一郎も目立っているが水谷豊はどこででていたのかな?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駅前医院に関みどりさんが

『喜劇 駅前医院』(きげき えきまえいいん)は、 1965年1月15日に東宝系で公開された日本映画。 カラー。東宝スコープ。東京映画作品。94分。 キャッチコピーは「医者にヤクザにおまわりさん てんやわんやの駅前通り!」。 『駅前』シリーズ第11作。 本作は登戸駅(小田急小田原線、南武線)近辺の病院を舞台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤い蕾と白い花(寒い朝と金子信雄)

何の予備知識もなく原作も知らずにこの映画を観ると、すぐに これは石坂洋次郎だろうと思わずにいられない、青春爽やか話だ。 吉永小百合&浜田光夫の日活青春映画ファンにはおなじみの定番! しかししかし 驚くことなかれ 金子信雄さん演ずるとってもいいお父さん それが最後までいいお父さんだったというのが映画マニアには??? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋をしようよカリブの花

♪エルビラ― エルビラー 懐かしいですね(^^) 懐かしい歌声 この歌を主題歌にした 「恋をしようよカリブの花」という青春日活映画 詳しい話の内容はネットのサイトで、詳細に 記述があるので、書きませんが、要は 三田君演ずる将来コックの留学で外国へ行く 夢のある若者とその友達で田辺靖男演ずる造船所で 働く暗い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画の若い港

♪呼んでるぜ 呼んでるぜ 七つの海が~ 懐かしい歌ですね! 三田明の青春ですね! 歌の大ヒットと共に同名の映画も日活で公開されました。 三田君はもちろん和泉雅子&山内賢の素敵なコンビ ファンはたまりません! 話の内容は いたってシンプル。 商船大学受験を控えた高校のブラスバンド部の 連中と近くの女子学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空の下遠い夢

日活映画「空の下遠い夢」1963 これは 和田浩治が主演で間違いない 日活青春映画だ! 山内賢と和泉雅子が共演(主演?) 杉山兄弟や藤村有弘も忘れちゃいけない日活映画 ハリマオ先生には興味溢れるネタがいっぱいのお気に入り映画だ! 和田浩治が歌いまくるぜ! 主題歌はもちろん「椰子の実」なんか渋いぜ! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイビーと恋する年ごろ

三田明と早瀬久美の映画「恋する年ごろ」松竹1966 主題歌は「恋のアメリアッチ」だが 「恋人ジュリー」や「アイビー東京」も聞けるご機嫌な映画だ! 「タッチ・アンド・ゴー」「山に登って」 三田さんヒット曲大会 お祭りだ!! 学生設定のカジュアルルック ガチガチアイビーではないが三田明の ストライプボタンダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画の恋のメキシカンロック

恋のメキシカンロック 恋と夢と冒険 御存知橋幸夫のリズム歌謡『恋のメキシカン・ロック』の映画版!! てっきり舞台はメキシコや南米になるのかと思ってたら・・・・ なんと グアムでしたね(^^)/ 歌謡映画ってタイトルと何の関係もないやん!というのが多いです。 もてもての橋さんとはちきれぴちぴちの由美さん そして パ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンガポールの夜は更けて(由美かおると共に)

「シンガポールの夜は更けて」 昭和41年12月発売 作詞:佐伯孝夫 作曲・編曲:吉田正 ♪南十字は燃えたとて~ 「南十字に涙して」 昭和41年12月発売 作詞:佐伯孝夫 作曲・編曲:吉田正 ♪シンガポールで涙して~ 橋幸夫のカッコいい歌謡映画シリーズ!! 今まで相手役は倍賞千恵子さんのイメー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涙にさよならを

映画『涙にさよならを』 このタイトルでは よほどの歌謡曲マニアか 橋幸夫ファンでないと理解できないだろう! 「チェッ・チェッ・チェッ」といえば なるほど(^^) まずは その説明をWIKIより 「チェッ・チェッ・チェッ -涙にさよならを-」は、 1964年11月20日にビクターレコードより発売された橋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンダカン八番娼館

女性史研究家でノンフィクション作家の山崎朋子(やまざき・ともこ)さんが10月31日、 86歳で亡くなられました。福井県出身。 代表作「サンダカン八番娼館」は映画化もされました。 ご冥福をお祈りします。 小生ハリマオ先生は なんと映画の「サンダカン八番娼館」を そのサンダカンで観たのである! 70年代終りか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駅前シリーズに登場のラーメン

「駅前シリーズ」に登場のラーメン 最近 やたらと古い映画の喜劇シリーズを観ている! 特に東宝の「駅前シリーズ」なんかも楽しい! 先日も映画の中にエースコックのラーメンが登場したり、 ピギーコックという豚のコックさんの電動玩具が登場(^^) 「駅前火山」では なんとインスタントの駅前ラーメン が出てきて・・・思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喜劇「駅前火山」に登場のGS!!

喜劇 「駅前火山」1968年5月公開(東宝) 『駅前シリーズ』第23作。本作から脚本は池田一朗(のちの隆慶一郎)が担当、 そして監督は本作のみ新東宝出身の山田達雄が務めた。 本作はシリーズで唯一の九州ロケで、 西鹿児島駅(現:鹿児島中央駅)や桜島一体を舞台とし、 地熱発電を建設しようとする次郎と、それを利用す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

の・ようなもののようなもの

映画「の・よなもののようなもの」 あの森田監督を偲んで 『の・ようなもの のようなもの』は、2015年の日本映画。 森田芳光監督の劇場デビュー作『の・ようなもの』の35年後を描く完全オリジナルストーリー。第28回東京国際映画祭・パノラマ部門出品作品。 「の・ようなもの」は 出演者が全員アイビールックに身を包んでのお芝居だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪あなたと私の合言葉~

有楽町で逢いましょう♪ この歌はあまりにも有名で、数々のエピソードもある、そして歌詞なんかにも 色々 韻を含んでいたり歌自身 奥の深さがあるのは知っていたが、ようやく その歌を主題歌にした大映映画を観る機会を得た。 川口&野添のロマンスもいいが、京マチ子ファンにとっては 菅原謙二との ロマンスも楽しい内容だ! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君はどの「潮騒」

今だからこそ『潮騒』を読もう! 観よう! この小説を読んだ時の衝撃というか青春の血が 騒いだあの時の感覚を君はおぼえているか? 高校時代に時を同じくしてそれを読んでいたT君と 完全に同調したあのときめき 胸騒ぎ!! そして 何度も映画化されたこの名作。 君はどの映画を観たか? 『潮騒』(しおさい)は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「喜劇体験旅行」に登場のデュエット歌手

「喜劇体験旅行」に登場のデュエット歌手 第一作の「喜劇 大安旅行」に始まり、 前作「満願旅行」に続く、 舞台を佐渡にうつしての旅行シリーズ第七作。 脚本は「満願旅行」の舟橋和郎と増田彬。 監督は脚本にも参加している同作の瀬川昌治、 撮影は「花の不死鳥」の丸山恵司がそれぞれ担当。 ハリマオ先生的にこう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

80年代 VAN復活!「の・ようなもの」

80年代初期復活VANアイビーファンのために! アイビールックを楽しめる映画! 『の・ようなもの』は、1981年の日本映画。 落語の世界を題材にして、 コメディの要素を取り入れた青春群像映画。 とにかく当時雑誌「Hot・Dog PRESS」の VAN特集のページをくまなく見ていたファンには すっかりおなじみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「喜劇満願旅行」に登場のお菓子

喜劇・満願旅行 御存知 フランキー堺の専務車掌シリーズ 1970年の作品 シリーズ第6作 ハリマオ先生的に内容解説ではなく、文化遺産 探訪特に登場の玩具にスポットライトを当てたいのだが、 今作品はおもちゃの出る幕はなし! ところが とっても時期的にぴったしの「お菓子」 森永のチョコフレークしかも当時のあの紙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「喜劇駅前漫画」に登場の玩具

「喜劇駅前漫画」に登場するブリキの宇宙魔人! 東宝おなじみの森繁・フランキー・伴淳の駅前シリーズ 1966年の公開。 ハリマオ先生的鑑賞法のマストアイテム(^^)/ ブリキロボットコレクターには嬉しい堀川(SH)の 宇宙魔人しかもこのシルバータイプが見られます! 国内販売はガンメタ色でゴールドやシルバーは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「喜劇駅前団地」に登場の玩具

『喜劇 駅前団地』 1961年8月13日に東宝系で公開された日本映画。 カラー。東宝スコープ。東京映画作品。88分。 森繁久弥・伴淳三郎・フランキー堺 淡島千景に淡路恵子・森光子らの豪華大物俳優に 当時人気絶頂中の坂本九 「九ちゃんのズンタタッタ」なんか超懐かしいですね! そして映画ファンには嬉しい山内賢の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この映画にもジョッコーが!

大映映画「からっ風野郎」 1960年(昭和35年)3月23日公開。監督は増村保造。 脚本は菊島隆三。作家の三島由紀夫が映画俳優として初主演した作品である。 共演女優は若尾文子!! 話の内容はハリマオ先生ごときが申すまでもなく 専門書やネットで詳細にあります。 また 映画ファン 大映や邦画マニア では何度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more